2013年03月08日

野村監督が称賛した大竹の気配り

広島の大竹が7日のヤクルト戦(マツダスタジアム)に先発し、3回無失点と順調な仕上がりをアピール。シューズナイキ「腕が振れていてよかった。焦らずに一つずつやっていきたい」と手応えを口にした。nikeこの日は失策した堂林に声を掛けるなどの気配りを見せた。若い投手が多い赤ヘルの中で、大竹の存在は頼もしさを増している。

 ナイキ絶体絶命のピンチもしっかりと抑えた。2回までパーフェクト投球を見せていた大竹だが、3回に二死満塁となり、3番の岩村を迎える正念場。nikeしかし、2ストライクまで簡単に追い込むと最後は141キロの直球で遊飛に切って取り零封でマウンドを降りた。

 この日は直球が最速145キロをマークするなど順調な仕上がりをアピールナイキシューズ。「前回は142キロだったので今日は143キロを出したいと思っていた。スピードが出る分にはうれしい」

 今後はよりボールの精度を上げることに務めながら「試合のなかで投げていってスタミナをつけていきたい。試合での負荷が正直に出るnike air。それを乗り越えていきたい」シューズナイキ。投げるイニング数を延ばして、実戦モードの体を作っていくつもりだ。ナイキ 野村監督は「順調に来ている。飛ばし過ぎず抑え過ぎず今できるピッチングができていた」と目を細め、さらに指揮官は大竹の“気配り”も高く評価した。3回、一死二塁から谷内のゴロを堂林が失策してピンチが拡大。ここで右腕がすかさず堂林に「1個ずつアウトを取っていこう」と声をかけ励ましたnike air。指揮官はこれを挙げ「そういうことができる余裕があるのかなと思う」と目を細めたナイキシューズ

 チーム関係者も「若い内野陣だからミスをしたときに声をかけてもらえるのは精神的に楽になっていい」とたたえたnike air。今年で30歳を迎える大竹は「エラーは仕方ないこと。ピッチャーと野手は持ちつ持たれつの関係なので」ナイキシューズ。投球はもちろん、精神的な支柱としても存在感を発揮していきそうだ。シューズナイキ
posted by nike at 12:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。