2013年03月08日

侍ジャパン警戒!台湾4番はアジア最強

台湾にはヤバイ打者がいる――。今回のWBC開幕前から、台湾の躍進をいち早く予想していたのが巨人だった。ナイキシューズ昨季の日本シリーズを制した原巨人は、11月11日に韓国・釜山で行われたアジアシリーズ決勝で台湾代表のラミゴと対戦したナイキ

 その試合で先発の宮国から“驚弾”を放ったのが今回、台湾の4番に座る林智勝(31)だ。昨季の台湾リーグでは3割1分7厘、24本塁打を放って本塁打王を獲得nike air。同タイトルを通算3度も獲得している強打者だ。nike その林が宮国の外角変化球を振り抜いた瞬間、ライナー性の打球が瞬く間に左中間スタンド上段へ突き刺さった。あまりの強烈な打球に、巨人ベンチではどよめきが上がり、思わずみんな顔を見合わせたという。

ナイキシューズ 近年の台湾球界の進化を指摘していた原監督も、林については「警戒していたが、見事なパワーを見せてくれた。シューズナイキ日本に来ても通用する打者だと思う」と舌を巻き、選手間では「あんな打球を飛ばす右打者は、日本にはいない。nike air3割、30本塁打は軽く打ちそうだ。現役ではアジア最強の右打者じゃないか」と帰国後しばらく噂になった。

 力みのない構えながら、スイングは豪快。たとえるなら中村(西武)か。シューズナイキ内川(ソフトバンク)のようなミート力も持ち合わせていると巨人関係者は指摘した。

nike 侍ジャパンで打者分析を担当する村田スコアラー(巨人)も「警戒しないといけないのは、やはり林と陽岱鋼(日本ハム)ナイキ。林の前に走者をためないことが大事です」nike air。エース・王建民(前ナショナルズ)を打ち崩すのはもちろんのこと、侍投手陣が林をどう封じるかも、台湾戦勝利への鍵になりそうだ。ナイキシューズ
posted by nike at 12:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。